Q1.ファンクラブはないんですか?

僕が24才の時から15年間続いたTFCというファンクラブが1993年に解散しました。ファンの手で運営されていた唯一の公認FCでした。現在はこのToru's HomeがFCのつもりです。2014年3月からTwitter(@torushome @noboru_sogetsu)を始めたので、そちらで交流する事もできます。


Q2.一番気に入っている作品は?

主役をやった作品は全て好きですが、一番身近に感じられて心地良いのは『きまぐれオレンジロード』です。キャラも作品も共演者も大好きです。


Q3.サインはもらえませんか?

諸事情により対処できなくなったため、郵送によるサイン色紙の返送はお断りしています。青二プロに送っていただいても、お返し出来ません。くれぐれも送らないでください。
アニメ誌のプレゼントやサイン会等のイベントで手に入れてください。


Q4.ゲームの声はいつ、どこで録音するんですか?

作品ごとに違います。同じガンダムシリーズでも違うスタジオの時もありますが、都内のアフレコスタジオが多いです。時期は発売の6ヶ月〜1年位前です。


Q6.ファンレターやプレゼントの送り先は?

下記、青二プロ宛てにお願いします。生もの、壊れ物などは出来ればイベントなどでスタッフに手渡す様にしてください。

【送り先】
〒107-8572 東京都港区南青山2の5の17 ポーラビル5F
             青二プロダクション内 古谷徹


Q7.口の動きのない役のアフレコは難しいですか?

口に合わせなくて良い分、喋るテンポも息継ぎも自由なので、芝居はより工夫できますが、全体のタイミング、喋り始めや終わりなどが非常に分かりにくいので、確かに難しいですね。


Q8.TVドラマに役付きで出演なさった事はありますか?

僕は3歳の頃から子役でしたから、声優やる前はTV、映画共にいっぱい出ていました。『ウルトラQ』『隠密剣士』『マグマ大使』などなど(笑) そのうちHPに子役時代のデータベースを作りたいと思っています。


Q9.ドラマを見る時は芝居や脚本など気になりますか?

演技者として、そして一視聴者として、どちらの見方もしているようです。基本的には楽しんでますが、気にしないようにしていても、つい製作者側の気持ちを読み取ってしまいます。


Q10.好きなあるいは気になる役者さんはいらっしゃいますか?

男優では仲代達也さん、田中邦衛さん、香川照之さんなど、個性的な役者さんが以前から好きですが、女優では石田ゆり子さん、中谷美紀さん、国中涼子さんのファンです。


Q11.シリーズになっているゲームなどで同じセリフは前作を使うのですか?

どちらかというとそのケースが多いです。製作者側からすると、時間的にも予算的にも、その方が合理的ですから。ちなみに別のハード用に移植されるときも同じです。その場合、転用料という割安のギャラが支払われます。


Q12.主演者が非常に多いゲームなどは収録はどうするのですか?

ストーリー性の高いもの、会話などが多いものはなるべくみんな一緒に録音します。スタジオに入りきらないときは、細かいシーンに分けたりします。そうでないもの、アクションものなどは一人ずつ日時を変えて収録することが多いです。


Q13.スーパーロボット大戦などで特に親しい声優はいますか?

スーパーロボット大戦は一人ずつの収録なので、共演者に会うことはほとんどありません。でも過去のヒット作品のメイン声優は同世代の人が多いので、みんな友達です。特にといえばやはり初代ガンダムのメンバーでしょう。池田さん、鈴置さんは飲み仲間です。


Q14.声優になろうと思ったきっかけは何ですか?

僕は5歳くらいから児童劇団に入っていて、子役で顔出しのお仕事をやっていました。10歳くらいから洋画の吹き替えの仕事が増え、13歳で東映動画のTVアニメシリーズ『海賊王子』の主役をやりました。これがアニメデビューです。そして、その2年後が『巨人の星』です。

声優になろう、というかいつの間にかなっていた。という感じですが、大学時代は辞めていて、卒業時には悩みました。結局、体験した声優の仕事の面白さ、難しさに惹かれて現在に至っています。


Q15.「自分の声がどれか?」分からなくなることはないんですか?

アニメの役も、ナレーションも、やはりそれぞれの作品ごとに演じて声を出しています。つまり意識的に優しくとか、たくましくとか、気持ちを変えているわけです。その結果、声が変わるのだけで、最初から声を変えようとは思いません。普段の生活の中では、声のことは全く意識していませんから、そのときの感情などによって、無意識のうちにいろんなキャラクターの声になっていると思います。結局、すべて自分の声なのです。


Q16.普段から特に仲の良い声優さんは誰ですか?

やはり共通の趣味を持った声優でしょう。池田秀一さん、野島昭生さん、石塚運昇さん、堀 秀行くん、堀内賢雄くん、鶴ひろみさんはゴルフ仲間。井上和彦くんはウインドサーフィン仲間。野田圭一さん、田中秀幸さん、平野正人くんはテニス仲間などです。


Q17.メールの返事はもらえますか?

僕宛のファンメール&ファンレターについては基本的には返信していません。
なぜなら、今や世界中からいただくファンメールの全てにお返事する事は
物理的に不可能だからです。内容によってはメールのお返事をこちらのQ&Aでお答えすることもあります。

メールの内容や、そのときの自分の状態、気分などによって
お返事することもありますが、その時はかなりラッキーだと思ってください。
お仕事やプライベートのメールも多くあります。ご理解ください。

かといって、モチロン『メールするな!』といっている訳ではありません。
戴いたメールはちゃんと全部読んでいます。


Q18.古谷さんの着ボイスってありますか?

待望の携帯用ボイスのサービスが始まりました!ポケメロJOYSOUNDはいわゆる着ボイスやアラームなどの携帯の様々な機能に設定するためのショートボイスと、聴いて楽しむためのロングボイスの二種類があります。

ポケメロコールは通常の呼び出し音の代わりに設定するもので、自分が聴くよりも電話をかけてきた相手に聴かせるもので、最大40秒です。ポケメロJOYSOUNDからもリンクされます。

それぞれ、様々なキャラクターで様々なシーンを演じました。全部で300以上のボイスを収録したのですが、徐々に公開されます。毎月どんな台詞が聴けるのか楽しみにしてくださいね(^_^)
そうそう、写真入のロングインタビューも読むことが出来ます!!

ボイスの感想台詞リクエストは着信メロディメニューの下の方にある「メロ・うたリクエスト」でJOYSOUNDに送ってください。ジャンルは「その他」か「アニメ等」を選択し、曲名は無記入で、歌手名に「古谷徹」と入力、ご意見の欄に感想や希望するセリフ、コーナーへの要望、スタッフへの激励コメント(笑)等を書き込んでください。お待ちしてまーす(^_^)v

★【携帯用ボイス】ポケメロJOYSOUND古谷徹 Over The Top
ナイーブな少年からスマートな紳士まで魅惑のボイスを是非、君の携帯に!(笑)/順次、ボイスが追加公開されます。

会員料金:月額\315で30ポイントが与えられ、ボイス(短いもの)は1ワード2ポイントで従量販売なし、ロングボイスは4ポイント、さらに携帯会社によって以下のようになっています。

DoCoMo:ポイントを使い切ると従量制で1台詞につき¥42
au:非会員でも従量制で1台詞につき¥42
Softbank:従量制販売はなし

【DoCoMo】iMenu > メニュー/検索 > 着信メロディ/カラオケ > J-POP > ポケメロJOYSOUND
【au】EZトップメニュー > カテゴリで探す > 着信メロディ > ポケメロJOYSOUND
【Softbank】Yahoo!ケータイ > メニューリスト > 着うた・ビデオ・メロディ > 着信メロディ > J-POP・インディーズ > ポケメロJOYSOUND

★【携帯用ボイス】ポケメロコール古谷徹
通常呼び出し音の代わりに熱いヒーローボイスを!

料金:月額使用量105円+1ボイス52円

【DoCoMo】iMenu > メニュー/検索 > メロディコール> ボイス/サウンド > ポケメロコール
【au】EZトップメニュー > カテゴリで探す >待ちうた> ボイス・サウンド > ポケメロコール


Q19.好きな女性キャラクターは?

作品で相手役になるキャラクターはみんな好きですが、特にと言えば、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のチェーン・アギ、『きまぐれオレンジロード』の鮎川まどかです。